iOS 10.1が公開!「被写界深度エフェクト」で背景がボケた写真の撮影が可能に!Suicaにも対応

本日10月25日(火)に「iOS 10.1」が正式公開されました。一番注目されているのは、かねてから噂があった「Apple Pay」に対応した事ですね。日本でもiPhone 7やiPhone 7 Plusで、SuicaiDQUICPayが利用できるようになりました。

ios101-01  ios101-4

これはこれで凄い事なんですけれど、ただ、PASPYには対応していないんですよねー。
まあ対応するとは思っていませんでしたが。

スポンサーリンク

一眼レフのようにボケ味を楽しめる写真を撮影出来るように!

それよりも興味深かったのが「被写界深度エフェクト」機能ですね! 発売当初から後日のアップデートで対応すると言われていましたが、今回のiOS 10.1でベータ版ながら、iPhone 7 Plusで被写界深度エフェクト機能が使えるようになりました。

カメラ」を立ち上げると、画面下の選ぶ項目で「ポートレート」という項目が追加されており、これを選ぶと自動的に2倍にズームされます。
画面下には「被写界深度エフェクト」という文字も表示されています。ただし、どの焦点距離でも使える訳では無く、ある程度被写体から離れないといけません。有効になっていないときは「離れてください」などと注意が表示されます。距離を調整し、これが黄色になれば効果が適用されます。

ios101-02  ios101-03

文章で書くと少し難しそうですけれど、ちょっと動かしていればすぐ有効になるので、そんなに難しくありません。画面上ですぐに効果を確認出来るので、どんな具合かすぐ分かります。

被写界深度エフェクト機能で撮影すると、効果未適用のオリジナル写真と、効果適用後の写真と2枚が同時に保存されます。

下の写真が、被写界深度エフェクト機能で撮影した写真です。左がオリジナルで右が適用された写真。これを見ても分かるように、結構うまくボケていますよね!

ios101-04  ios101-05

色々撮影してみたところ、形状が複雑な物や、背景と似通った色の場合は少し認識に失敗している部分もあったりしますが、大抵は上手く映ります。これは結構使えるのでは!?

「写真」で確認すると、被写界深度エフェクト機能で撮影した写真には、左上に「被写界深度エフェクト」と表示されているので、どれが効果が適用された写真なのか、すぐ分かるようになっています。

ios101-06

手軽に使えて出来上がりも悪くないので、積極的に使ってみようと思います。

ただ良い事ばかりではなく……、

iOS 10.1にすると、以前には使えていたシャッター音を無効化する方法が使えなくなりました。店内とかで撮影すると、やっぱり音が気になります。せめてもう少し音を小さくしてほしいですね……。

iOS 10で写真やスクリーンショットのシャッター音を消す方法
先日iOS 10がリリースされ、記事にもしたように、すぐアップデートしてみました。 あれから色々触っていますが、アニメーション...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする