5/25(土)~5/26(日)の2日間、広島護国神社で「万灯みたま祭」開催!

シェアする

広島市中区にある広島護国神社で、5月25日(土)5月26日(日)の2日間、「万灯みたま祭」が開催されます。

「万灯みたま祭」は、英霊を慰めるために境内に2000灯余りの提灯を掲げて行われるお祭りで、毎年この時期に開催されています。

まず18:00~「万灯みたま祭祭典」が行われ、19:00~「縁むすびのみこ踊り」や「奉納和太鼓」、「二胡の調べ」が披露される予定となっています。

毎年100名余りの一般公募の未婚女性によって奉納されている「縁むすびのみこ踊り」。縁は授かりもので、素敵な人との出会いの縁を結ぶという意味を込めて行われる踊りだそうです。

現在も参加者募集中。申込締切は5月15日(水)なので、参加したい方は応募してみては。詳細は、広島護国神社の参加申し込みページで。

ちなみに、次の2枚の写真は昨年の様子です。

そして翌日となる5月26日(日)は、10:00~「子供ずもう大会」が行われ、18:00~「万灯みたま祭祭典」が、19:00~「神楽共演大会」が開かれます。「子供ずもう大会」も参加者募集中。詳細や参加申し込みページはこちら。「みこ踊り」と同様、申し込み締め切りは5月15日(水)なので参加したい方はお早めに。

(おまけ)
3月28日にはカープ選手や首脳陣、スタッフが「必勝祈願」で広島護国神社を参拝されましたが、その際、選手一人ひとりに「勝守」が授与されたそうです。

鯉おみくじ」(300円)なんてのも販売されています。

一緒に販売されている「干支おみくじ」(300円)も可愛らしいですね。

広島護国神社を訪れたら必ず撫でるのが、本殿の左右にある鯉の像です。本殿左側にあるのは、家内安全・夫婦円満・恋愛成就にご利益があると言われている「双鯉(そうり)の像」。

本殿右側にあるのは、難関突破・目標達成・開運出世にご利益があると言われている「昇鯉(しょうり)の像」。

すぐそばには広島城が。新緑に包まれて美しいですね。

広島護国神社は市内中心部に近いのでアクセスしやすく、しかも「万灯みたま祭」の入場や観覧は無料です。多数の提灯が掲げられている様子は大変美しいので、この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

広島護国神社
広島県広島市中区基町21-2[地図]
http://www.h-gokoku.or.jp/

シェアする

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事
スポンサーリンク