三省堂からカープコラボの「三省堂国語辞典 第七版 広島東洋カープ仕様」が登場!3月初旬発売

シェアする

三省堂から、「三国(サンコク)」の愛称で親しまれている国語辞典をカープ仕様に変えた「三省堂国語辞典 第七版 広島東洋カープ仕様」が登場、3月初旬に発売するそうです。

簡潔でやさしい説明で、中学生から年配者、日本語学習者まで使える国語辞典が、辞書のケース、ビニール表紙、見返し、扉など、装丁はまるごとカープ仕様に!カープ坊や球団ロゴ、ビジターロゴ、Cマークや球団旗が大胆に取り入れられています。

ケース表1はカープ坊やで、ケース表4には球団旗と、帯に「それ行けカープ」の歌詞を掲載。カープレッドで染め上げられた鮮やかな赤のビニール表紙には、三省堂の名入れ辞書サービスを利用して、個人名や企業名を箔押しすることも可能だそうです。

前見返しには、大歓喜に包まれ、碧天に赤いジェット風船が舞い上がるマツダスタジアムの写真を全面掲載。

装丁だけではなく、内容の一部もカープ仕様にされているとのこと。三省堂社内のカープファンから募ったアイディアを存分に取り入れながら、熱量あふれるオリジナル用例(例文)が記載されているそうです。

価格は3,000円(税別)で3月初旬に発売とのこと。詳細は三省堂の商品ページで。
かなり気になる商品ですね!

なお、丸善・日本橋店内で行われる、本のつくり手と読み手をつなげる本の祭典「日本橋 BOOK CON 2019」に出展されるそうです。三省堂の出展は2月23日(土)のみ。この日、三省堂のブースで「三省堂国語辞典 第七版 広島東洋カープ仕様」の先行販売を実施されるとのこと。数量限定につき無くなり次第終了だそうです。

(追記)
フタバ図書の店頭や通販サイトのフタバブックスで予約受付中だそうです。

シェアする

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事
スポンサーリンク