プロ野球のマジックとは?いつ点灯したりどのように数字が決まる?

シェアする

本日8月1日(水)のヤクルト戦は13対7で快勝。最短で明日8月2日(木)にマジック点灯となりました。この、シーズン後半になると出てくる「マジック」。分かりにくいですし、計算もややこしく、選手でも良く理解出来ていなかったという話もあったとか。そこで出来るだけ簡単にまとめてみました。

まずマジックナンバーとは、たとえ他のチームが全勝しようと、自分のチームがあと何勝すれば優勝するかの目安となる数値の事です。つまり他のチーム全ての「自力優勝」が消滅した時にマジックが点灯する事になります。

2018シーズンで言えば、7月17日(火)に中日の自力優勝が、7月22日(日)に巨人の自力優勝が消滅しました。そして本日8月1日(水)に阪神とDeNAが敗れた事により両チームの自力優勝が消滅。さらに明日の各試合結果次第では、ヤクルトの自力優勝も消滅してマジック点灯となります。ちなみに、消滅した自力優勝も、カープの勝敗によっては復活します。

スポンサーリンク

勝率が重要

では「マジックナンバーはどのように決まるのか」ですが、重要なのは勝率です。勝率は次のように求められます。

勝率=勝数÷(勝数+負数)

これを見ても分かるように、引き分けは関係ありません。ただ引き分けになると、残り試合数が減るので、マジックナンバーの計算に影響します。

下の表は、8月1日(水)終了時点の勝敗表です。ここでは分かりやすいように、勝率は小数点以下5桁まで書いています。一番右枠の数字が、各チームが残りの試合を全勝した場合の勝率です。

勝敗表:8月1日(水)終了時点

これを見ても分かるように、ヤクルトが全勝した場合の勝率は0.67606になります。ここで注意が必要なのは、全勝ということは直接対決でも勝っているという事になる点です。つまり、ヤクルトが全勝するということは、カープから見ればヤクルトとの直接対決に敗れてしまうという事になります。

では、「カープとヤクルトの直接対決はいくつ残っているのか」、ですが、これは下に示す通り、本日終了時点で8月は残り5試合、9月は残り6試合の、計11試合です。

 

したがって、ヤクルト戦を除いたカープの試合数は43試合という事になります。この43試合すべてに勝利した場合の勝率はというと0.67606です。これは、ヤクルトが全勝した場合と同率になり、次の優勝条件である勝利数も96で同じになります。しかし、さらに次の優勝条件、球団間の対戦勝率は、ヤクルトのほうが高くなってしまいます(現時点でヤクルト戦は13試合消化し10勝3敗)。つまり、本日8月1日(水)の時点では、カープの勝利だけでは優勝が決まりません。

同様にDeNA(直接対決は残り13試合)や阪神(直接対決は残り11試合)とも直接対決数を考慮して計算すれば、あと何勝必要かが分かるというわけです。

マジック点灯の条件をもう少し具体的に言えば、明日8月2日(木)の試合結果で次のようになります。
カープが勝利…他のチームの勝敗に関わらずマジック42
カープが引分…DeNAが引き分けor負けでマジック43
カープが負け…マジック点灯は8月3日(金)以降

状況によってマジックの減り方も異なる

マジックが点灯した後は、自チームの勝利もしくは対象チームの敗戦でマジックが1つ減り、その両方を満たせば通常はマジックは2減ります。引き分けの場合は勝率によって1減る、もしくは変化なしです。ただ、条件によっては昨年のように、直接対決で勝利しても1しか減らない事があります。残り試合数によっては2位や3位にマジックが点灯することもあるし、2チーム同時にマジックが点灯した例もあるようです。

いずれにしても、マジックは点いたり消えたりしますし、よく選手や監督が言われているように、まだ意識する段階ではなく、目の前の一戦一戦が大事になります。とは言っても、やはりマジックが点灯したり減少していくと、嬉しくてたまりませんね。

(追記)

8月2日(木)の試合は残念ながら敗れたため点灯は持ち越し。阪神との直接対決は残り11試合で、それを除く全てに勝利しても勝率は阪神と並びます。つまり阪神の自力優勝も復活。明日はヤクルトと阪神の試合は無いため、点灯は最短で8月4日(土)。なお点灯には8月3日(金)と8月4日(土)の試合をカープが勝利し、かつヤクルトと阪神のどちらが勝利しても自力優勝の可能性が残るため引き分けになる必要があると、かなり条件は厳しくなります。

(最新の状況)
8月14日(月)の試合は自力優勝が残っている阪神が勝ち、点灯の最短は8月15日(水)となっています。点灯条件は以下の通り。

カープが勝利…阪神は負けなのでマジック32
カープが引分…阪神も引き分けでマジック33
カープが負け…マジック点灯は8月16日(木)以降

(Sportsnaviの順位表ページ

過去のマジック点灯日

マジック点灯日 マジックナンバー 優勝日
・1975年10月10日(金) マジック3 1975年10月15日(水)
・1979年9月9日(日) マジック19 1979年10月6日(土)
・1980年8月24日(日) マジック35 1980年10月17日(金)
・1984年9月10日(月) マジック16 1984年10月4日(木)
・1986年9月23日(火) マジック14 1986年10月12日(日)
・1991年9月21日(土) マジック14 1991年10月13日(日)
・2016年8月24日(水) マジック20 2016年9月10日(土)
・2017年8月8日(火) マジック33 2017年9月18日(月)

(追記)8/15(水)マジック32点灯

8月15日(水)の阪神戦で勝利し、ついにマジック32が点灯しました。

(Sportsnaviの順位表ページ

・デイリースポーツの記事ページ
・スポニチの記事ページ

マジックが点灯した翌日、8月16日(木)の様子はこちら

(追記)最新情報

8月17日(金)の結果、マジック消滅。明日カープが勝利または引き分けで、かつヤクルトが敗れるとマジック30が再点灯。

(Sportsnaviの順位表ページ

8/15(水)にマジック32が点灯!広島市内ではあちこちでカウントダウンボードが
最短で8月2日(木)にマジック点灯と言われてから幾日。相手がある事なのでカープの結果だけでは決まりませんが、ようやく昨日8月15日(水)にマ...
プロ野球の「マジック」計算方法は?直接対決で勝利しても1つしか減らない事がある理由
プロ野球は、今シーズンもいよいよ大詰め。シーズン終盤に近づいてくると出てくるのが「マジック」という言葉です。カープも先日からマジック点灯が話...

シェアする

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事
スポンサーリンク