元カープ黒田博樹さん現役最終登板時のピッチャーズプレート石碑が本通りに設置!明日6/15(木)除幕式を開催

シェアする

セ・パ交流戦も14戦目。単独首位を掛けた試合は劇的な幕切れ!
快勝かと思われましたが、中盤以降に追いつかれ、延長12回まで。
そこで飛び出しました!またまた今年も、鈴木選手サヨナラホームラン!
まさに神ってます!!
これで現時点では交流戦、10勝4敗、単独1位となりました!
交流戦も残り4戦、凄く楽しみです。

そして本日6月14日(水)には、元カープの黒田博樹さんがマツダスタジアムで最後に踏んだピッチャーズプレートが、本通り商店街にある「本通ヒルズ」前に設置されました!
黒田さんの背番号「15」にちなみ、明日6月15日(木)に除幕式が行われる予定となっています。今日の時点では、まだシートが掛けられていました。

 

石碑は高さ1.35m、幅0.9m、奥行き0.55mとのこと。世界でもっとも赤い石とも言われるインド産の御影石を使って作られており、黒田さんのサイン入りピッチャーズプレートと手形が埋め込まれているそうです。
ピッチャーズプレートは、マツダスタジアムでの現役最後の登板となった2016年10月14日に使用されていたほか、11月5日の優勝報告会で黒田さんがマウンドに向かって跪いたあのシーンの際にあったのもこのプレートだとか。幕が取り除かれるのが待ち遠しいですね!

(追加)

着々と準備が進められていました。

大勢の方が集まり、除幕式が盛大に行われました。開始前に幕が落ちるハプニングもありましたが。「スラィリー」や中区のまちづくりマスコットキャラクター「なかちゃん」も登場。多くの方が記念撮影をされており、手形に手を合わせて号泣されていらっしゃる方も。こちらも少し目頭が熱くなりました。これからも全員でカープを盛り上げていければ良いですね。

 

黒田博樹さんピッチャーズプレート石碑
広島県広島市中区本通8-23 本通ヒルズ前
GoogleマップWeb Googleマップ YahooCAR

【広島東洋カープ】除幕式直前!「勝鯉の森」の優勝記念碑…はベールに包まれていました
広島市の中心部・基町の旧市民球場跡地前にある「勝鯉の森」(しょうりのもり)。 ここには、カープの栄光の歴史が刻まれたセントラルリーグ優勝記...

シェアする

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事
スポンサーリンク