Windows8からWindows8.1へすぐにアップデートする方法

Windows8のパソコンを使っている知人から、「リカバリーをするたびにWindows8.1にするためのWindows Updateが大変、何とかならない?」と相談を頂きました。元がWindows8で、Windows8.1にするのも1日がかりとの事。

確かにWindows8のパソコンの場合、リカバリー直後にWindows8.1にしようと、

windows81-01

ストア」から「Windows8.1」を選んでも、

windows81-02

下の画面のようなメッセージが出て、Windows8.1にアップデート出来ませんよね。

windows81-03

「すべての更新プログラムをインストールしてください」といったメッセージがありますが、リカバリー直後だと、とんでもない量が。これ全部入れていると1日がかりにもなりますね。

windows81-04

スポンサーリンク

「KB2871389」をインストールする

Windows8からWindows8.1にする為には、実際には全部の更新プログラムを入れなくでも大丈夫です。必要なのは「KB2871389」のみ。32ビット版と64ビット版で分かれているので、使用している環境に合わせてインストールします。

32ビット版-Windows 8 用更新プログラム (KB2871389)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40076&wa=wsignin1.0

64ビット版-Windows 8 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2871389)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40098

windows81-05

もし更新プログラムのインストールが、なかなか始まらない場合は、一度パソコンを再起動して、Windowsが起動した直後に実行してみると、すぐに始まるかも。

windows81-06

「KB2871389」の更新プログラムのインストール後にパソコンを再起動し、「ストア」を選べば、

windows81-07

先程とは画面が変わり、すぐWindows8.1へアップデート出来るようになります。まあ、Windows8.1になった後でも、それなりの量のUpdateがありますけれどね…。

windows81-08

windows81-09

まだ更新プログラムを求められる場合

今回は「KB2871389」だけで良かったのですが、こちらを適用してもまだWindows8.1に出来ない場合は「KB2917499」もインストールしてみて下さい。こちらも32ビット版と64ビット版で分かれています。ただ、大抵は上の「KB2871389」だけでOKだと思いますが。

32ビット版-Windows8 用更新プログラム (KB2917499)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=41587

64ビット版-Windows8 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2917499)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=41582

Windows7を出来るだけ短時間で最新の状態にアップデート!更新が進まない時にも有効
Windows7を最新の状態にアップデートしようとしても、結構時間がかかりますよね。特にサービスパックも適用されていない、無印の状態からだと...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする