Windows10で別のパソコンの共有フォルダにアクセスしようとしてもエラーになる場合

定期的にちょくちょくお問い合わせ頂くのが、ネットワーク関連の問題です。色々な原因が考えられるので「これっ!」と解決方法を断言するのが難しくて、解決したりしなかったりするんですが、よくある内容を簡単に紹介しておきます。

スポンサーリンク

別のパソコンにアクセス出来ない

まず、アドレスバーにコンピュータ名を入力した時に、「\\(コンピュータ名)にアクセスできません」と表示される場合です。LANケーブルの接続やIPアドレスの指定に問題が無い場合は、そもそも共有の設定が有効になっていない可能性があります。

share-error-01

スタートメニューで「設定」を押して「ネットワークとインターネット」を押します。

share-error-02

画面右側で「ネットワークと共有センター」をクリックします。

share-error-03

まずネットワークが「プライベートネットワーク」と「パブリックネットワーク」のどちらに設定されているか確認します。それぞれでファイル共有を有効にするかの設定があるからです。ファイル共有を行うなら「プライベートネットワーク」の場合にしておいた方が、分かりやすいと思います。

share-error-04

プライベートネットワーク」と「パブリックネットワーク」の切り替え方法は、下記記事で紹介しています。

プライベートネットワークとパブリックネットワークを切り替える
Windowsには、現在接続しているネットワークの接続場所に応じて、セキュリティ設定を変更する機能が備わっています。「プライベートネットワー...

ネットワークの設定を確認したら、左側の項目で「共有の詳細設定を変更」を押します。

share-error-05

プライベート」など現在のネットワーク設定の項目で、「ファイルとプリンターの共有を有効にする」を選択します。これで目的のコンピュータ名にアクセス出来るようになります。

share-error-06

パスワードが設定されていない

アドレスバーにコンピュータ名を入力した時に、次のようなエラーメッセージが出る場合は、アクセス権に関する問題が出ている場合があります。よくあるのが、エラーメッセージにも書いてあるように、アクセス先のパソコンにパスワードが設定されていないケースです。

share-error-07

上で説明した手順で「共有の詳細設定」の画面を表示します。「すべてのネットワーク」項目で、「パスワード保護共有を無効にする」を選びます。これでアクセス先のパソコンにパスワードが設定されていなくてもアクセス出来るようになります(本当はパスワードを設定する方がセキュリティ的に望ましいですけれど)。

share-error-08

共有フォルダへのアクセス権が無い

アドレスバーにコンピュータ名を入力してアクセスは出来るけれど、共有フォルダを開こうとするとエラーが表示される場合は、共有フォルダのアクセス権が問題になっている可能性があります。

share-error-09

共有フォルダを選択して右クリックし「プロパティ」を選びます。

share-error-10

「共有」タブで「共有」ボタンを押します。

share-error-11

共有フォルダに対するアクセス権の設定画面が表示されます。

share-error-12

共有を許可するユーザーを入力するか、もしくはGuestアカウントに対して許可を与えます。右側の下向き矢印の部分をクリックし「Guest」を選択します。

share-error-13

アクセス許可のレベルを、読み取りのみか、書き込みも可にするのか選択します。

share-error-14

これで共有フォルダに対してもアクセス出来るようになります。

share-error-15

スポンサーリンク

シェアする

フォローする