スリープからの復帰時にロック画面にならないようにする

Windows8やWindows10の場合、スリープから復帰させるとロック画面になりますよね。キレイな写真を見れて良い時もありますが、すぐに使いたい時は、わざわざクリックやスワイプが必要でちょっと不便です。これは、設定で無効に出来ます。

20160427-lock-01

スポンサーリンク

グループポリシーで設定する

ProfessionalバージョンのWindowsなら、グループポリシーで設定するのが楽です。Windows+「R」キーを押し「ファイル名を指定して実行」画面を出し、「gpedit.msc」と入力します。

20160427-lock-02

「ローカルグループポリシーエディター」が開くので、「コンピューターの構成」-「管理用テンプレート」-「コントロールパネル」-「個人設定(Windows10 Anniversary Update適用後は「個人用設定」)と開いていき、右側にある「ロック画面を表示しない」という項目をダブルクリックします。

20160427-lock-03

有効」にすれば、スリープ解除時もロック画面が表示されなくなります。

20160427-lock-04

レジストリで設定する

HomeバージョンのWindowsの場合は、レジストリで設定します。Windows+「R」キーを押し「ファイル名を指定して実行」画面を出し、「regedit」と入力します。

20160427-lock-05

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows」キーを開き、Windowsキーのところで右クリックして新規キーを作成。名前は「Personalization」にします。

20160427-lock-07

作成した「Personalization」キーを選択し、右側の画面で右クリックし「新規」-「DWORD(32ビット)値」を選び、「NoLockScreen」という名前にします。これをダブルクリックして値を「1」にすれば設定完了です。

20160427-lock-06

スリープ解除時のパスワード入力を省く

スリープ解除時のパスワード入力も省略して、すぐに使い始めるようにするには、「電源オプション」で設定します。左側の「スリープ解除時のパスワード保護」という項目を押し、この画面になったら「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。次に、下の「スリープ解除時のパスワード保護」項目で「パスワードを必要としない」に変更すれば、スリープ解除時にパスワードを要求されなくなります。

20160427-lock-07

追記:「Windows10 Anniversary Update」を実行すると電源オプションで「スリープ解除時のパスワード保護」という項目が無くなります。Anniversary Update後の設定は下記を参考にして下さい。

Windows10でスリープからの復帰時にロック画面にせず、すぐにデスクトップを表示する方法
以前、Windows10でスリープからの復帰時にロック画面にさせる事なく、すぐにデスクトップを表示させて使えるようにする方法を記事にしました...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. なら より:

    gpdit.mscでなくgpedit.msc
    個人設定でなく個人用設定
    ですね。広域に発信するなら用語は正しく