リモートデスクトップ利用時にロック画面にならないようにする

Windowsのリモートデスクトップは、他のリモートコントロールソフトに比べて高速で便利なのですが、使用時、接続された側はロック画面になってしまいます。これでは不便な事もあるので何とかならないか探してみたところ、「RDP Wrapper Library」というソフトで解決しました。

RDP Wrapper Library
https://github.com/stascorp/rdpwrap/releases

これはリモートデスクトップで使用されるRDPをラッピングするようなイメージで、サービスコントロールマネージャとリモートデスクトップサービスの間で動作するツールのようです。「RDPWrap-v1.6.zip」を解凍したら、「install.bat」を実行します。

20160413-remote-01

いくつかコマンドが実行されインストールが完了します。Windows10の場合はこの後「update.bat」も実行する必要があります。

20160413-remote-02

RDPConf.exeを実行すると、設定を変更できます。ここで「Listener state」が「Listening」になってればOK、そうでなければ設定の見直し等が必要です。

20160413-remote-03

リモートデスクトップ使用時にロック画面に移行させないためには、「Single Session Per User」のチェックを外し、複数セッションを可能にすればOKです。「RDPCheck.exe」を実行すれば、接続される側のパソコン上でそのまま動作をチェック出来ます。

20160413-remote-04

スポンサーリンク

シェアする

フォローする