サイズの大きな画像を自動で縮小する

ブログへ投稿する際、パソコンで作業していれば、画像サイズの縮小などは手軽に行えます。しかし、スマホやタブレットなどから投稿する際には、画像の処理はけっこう面倒です。かといって、撮影した写真などをそのままアップロードするとファイルサイズが大きくなります。そこで、アップロードされた画像を自動でリサイズしてくれるWordPressのプラグインを導入します。

(追記)
後述する「EWWW Image Optimizer」プラグインを使用してExif情報の自動削除を行うなら、「EWWW Image Optimizer」プラグインにリサイズ機能が付いたので、ここで紹介するプラグインを入れる必要はないです。

スポンサーリンク

「Imsanity」プラグインの導入

これは「Imsanity」というプラグインを使うのが簡単です。「プラグイン」-「新規追加」で「Imsanity」と検索してインストールします。

20160327-resize-01

プラグインを有効化」を押して有効化します。

20160327-resize-02

インストール済みプラグインの中で「Imsanity」の「Settings」を押します。

20160327-resize-03

「Imsanity」は、画像をアップロードした際に、指定した解像度よりも大きい画像が自動でリサイズされます。アップロードした場所に応じて、どのサイズ以上ならリサイズするかを指定出来ます。リサイズしない場合は「0」を指定します。「JPG Image quality」は圧縮率設定、その下はフォーマット変更を行うかどうかの設定になります。

20160327-resize-04

既にアップロードした画像のサイズを変更したい場合は、その下の「Search Images」を押せば、既存の画像が検索されリサイズ処理が行えます。

20160327-resize-05

写真のExif情報を自動で削除できる「EWWW Image Optimizer」とセットで導入しておくと便利です。

WordPressに投稿する写真のExif情報を自動で削除する
デジカメやスマホで撮影した写真には、Exif情報が付いています。撮影機種や撮影情報などが記録されているのですが、スマホの場合、設定によっては...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする