「地方版図柄入りナンバープレート」の具体的デザインが決定!福山ナンバーはカープとコラボ

シェアする

以前発表されていたように、地域振興・観光振興に貢献するため、2018年10月頃から、地域の魅力ある風景や観光資源を図柄にしたプレート「地方版図柄入りナンバープレート」の交付が予定されており、自治体がデザインを国へ申請すればオリジナルデザインのナンバープレートが交付されるようになっていましたが、その具体的デザインが決定し発表されました。
例として代表6地域として発表されたのは次の通り。カープとコラボした福山ナンバーもありますね。

その他、全国41図柄は次の通り。鳥取ナンバーは砂丘・大山・梨下関ナンバーは関門橋・花火・海峡ゆめタワー・赤間神宮・フグ山口ナンバーは秋吉台・錦帯橋となっています。

ナンバープレートの交付時に、1,000円以上の寄付金を納付すればフルカラーの図柄入りナンバープレートに、納付しなければモノトーンのナンバープレートになるそうです。また軽自動車の図柄入りナンバープレートには「黄色」の縁取りが施されるとのこと。詳細は国土交通省の報道発表資料で。
福山ナンバーだけでなく、広島ナンバーでもやって欲しかったですね。ちなみに、原動機付自転車用の図柄入りナンバープレートでは、2017年12月からカープやサンフレッチェ広島のデザイン入りナンバープレートが選択できるようになっています。

広島県の福山ナンバーでカープとコラボした図柄入りナンバープレートのデザインが決定!
地域振興・観光振興に貢献するため、来年2018年10月頃から、地域の魅力ある風景や観光資源を図柄にしたプレート「地方版図柄入りナンバープレー...

シェアする

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事
スポンサーリンク