本日11/1(火)20:00のBSジャパン「空から日本を見てみよう+」は広島県内陸部が紹介されます

BSジャパン(7ch)で毎週火曜日20:00から放送されている「空から日本を見てみよう+」は、雲に乗った気分で空から日本各地を見て回れる番組ですが、本日11月1日(火)の放送では、広島県府中市から神石郡神石高原町まで、広島県内陸部が紹介されます。

sorakara

赤いスニーカーが片方だけのっかっている工場や、国産デニムの約半数に使用されているというデニム生地工場など、まずは内陸工業都市を見ていきます。紙ヒコーキを飛ばすためだけに作られた青いペン先のようなタワーといったユニークな物も。そしてさらに北上し、自然豊かな神石高原へと進み、深く切り立った岩が連続する美しい峡谷の帝釈峡まで眺めていくといった、とても興味深い内容になっています。

府中市のあたりって頻繁には訪れた事が無いのと、普段とは違う景色で見られるので、とても楽しみですね。

ちなみにホームページでは最新の放送回が無料配信されています。
前回(10月25日)の放送は「広島県福山市」。
鞆の浦をはじめとした瀬戸内海沿岸の美しい景色、巨大な造船所や製鉄所、包帯をグルグル巻きにしたような建物など、こちらもとても面白い内容となっています。へぇーと思える内容も多いし、いつもの景色も空からだと新鮮なので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする