Windows10にアップグレードしたら画面が暗くなった

遠方の方より、Windows10にアップグレードしたら画面が暗くなったと、相談を受けました。最初はバックライトでも切れたのかなと思いましたが、詳細を伺うと、起動途中までは明るいのですが、起動すると暗くなるらしいです。

時間が経てばバックライトが切れるという症状もあるのですけれど、どうも違うみたい。輝度調節を行っても、全然明るさが変わらないようです。

あーでもない、こーでもないと、設定を確認しながら、ふと思い当たったので、次の設定をチェックしてもらいました。「電源オプション」の「詳細な電源設定の変更」を押し、

20160419-brightness-01

自動輝度調節を有効にする」という項目です。これを「オフ」にしたところ無事解決!

20160419-brightness-02

Windows10へのアップグレードで、輝度センサーによる自動調節がうまく動作していなかったようです。手動での調節は出来るようなのでひとまずはこれで良しとしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする