【広島東洋カープ】2019年キャッチフレーズは「水金地火木ドッテンカープ」、過去の全キャッチフレーズ一覧も!

シェアする

本日11月23日(金・祝)に開催されたカープ「ファン感謝デー」。今年も大盛り上がりでした。早朝よりマツダスタジアムまでの行列。開門も前倒しになるなど、どれほどファンが心待ちにしていたのか、というのが伝わってくるようでした。
さてその「ファン感謝デー」で発表された2019年のチームキャッチフレーズ。
それは、

水金地火木ドッテンカープ

です!

「水金地火木土天海」をアレンジしたそうです。様々な特徴を持ちながらも同じ方向に公転する太陽系の家族である惑星、カープも「家族」のようなチームワークで戦うとのこと。デザインには、キャッチフレーズをリズムよくラップで刻むキャラクターを採用。リズムよくセ・リーグ4連覇、そして日本一を達成できるように突き進み、太陽系で1番輝くチームを目指すそうです!

スポンサーリンク

これまでのキャッチフレーズは? チームキャッチフレーズ一覧

新しいキャッチフレーズが発表されると、気になるのが過去はどのようなキャッチフレーズだったのか、です。そこでちょっと調べてみましたが、どうやら1953年の「闘志なき者は去れ」が最初のようですね。その後は少し間が空き、1973年の「スピードとスリルある野球」以降、毎年付けられているそうです。


1953年    闘志なき者は去れ
1973年    スピードとスリルある野球
1974年    HOTTER BASEBALL!
1975年    100%の努力(ルーツ監督)※途中で監督交代
ハッスルプレーでスリルあるエキサイトしたゲームを(古葉監督)
1976年    CHALLENGE ’76CARP BASEBALL V2 DO ONE’S BEST
1977年    LET’S GO TO CHAMPIONSHIP
1978年    ALL MEN DASH!
1979年    LET’S SPARK!
1980年    3S BASEBALL(SUSPENCE SPEED START)
1981年    3A BASEBALL(ACTIVE ACTION APPEAL)
1982年    BIG JUMP HOT BASEBALL
1983年    START FROM ZERO
1984年    BLAZING BASEBALL
1985年    CHALLENGE TO FRESH BASEBALL
1986年    CONSISTENT CONCENTRATION(一貫した集中力)
1987年    3C(COMMUNICATION COMBINATION CONCENTRATION)
1988年    RETURN TO FUNDAMENTALS(基本に帰れ)
1989年    WINNING SMILE
1990年    STRIKING AVNEW(新たなる爆発)
1991年    WILL TO VICTORY
1992年    VALUE OF VICTORY
1993年    RED CHARGE
1994年    TOTAL BASEBALL
1995年    TOTAL BASEBALL Ⅱ FORWARD EVER
1996年    TOTAL BASEBALL Ⅲ OVER THE TOP
1997年    TOTAL BASEBALL R S REALIZAR SUENO(夢の実現)
1998年    TENGA CONFIANZA (己を信じて)
1999年    YES,WE CAN
2000年    START FROM ZERO ZERO
2001年    レッドアタック「攻めろ!!」
2002年    レッドパワー「燃えろ!!」
2003年    ライジングハート「たかぶるハートで」
2004年    WILL TO VICTORY
2005年    REBORN TO WIN「赤ヘル再生」
2006年    ALL-IN
2007年    ALL-IN
2008年    ALL-IN激
2009年    ALL-IN烈
2010年    We’re Gonna Win 俺たちは勝つ
2011年    STRIKIN’ BACK!! 逆襲
2012年    破天荒 -前人未踏-
2013年    剣砥挑来
2014年    赤道直火
2015年    常昇魂 RED RISING
2016年    真赤激! Burn it up!
2017年    カ舞吼!-Kabuku-
2018年    ℃℃℃(ドドドォー!!!)


ここ最近のキャッチフレーズを取り上げると大体次のような意味になります。

2012年 破天荒(はてんこう)
選手それぞれが自分の殻を破り、チームは今までの常識では考えられなかったことに挑戦するという意味が込められているとのこと。「新境地を切り拓く者」という意味の「GROUND BREAKERS」と、破天荒の意味を補足する「前人未踏」と組み合わせ、前人未踏の新境地をチーム一丸で切り拓いていくという意味で付けられました。

2013年 剣砥挑来(けんどちょうらい)
一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返す事を意味する「捲土重来」(けんどちょうらい)という四字熟語をアレンジし、「剣」を「砥」ぎすまし、「来」るシーズンに「挑」むという意味を込めたとのこと。

2014年 赤道直火(せきどうちょっか)
赤道直下の造語で、王道ならぬ「赤道」を真直ぐ火のように突き進んでいく、強敵・難敵を相手に実直なプレーで戦い、観る人の心に火をつけていくという意味を込めて付けられました。

2015年 常昇魂(じょうしょうだましい)
2年連続Aクラスの勢いを失うことなく、さらなる高みを目指し、新生緒方カープで常勝軍団を目指すという意味が込められています。「常昇魂」の漢字の一部が「red」となっているのはよく考えられているなーと感心させられました。

2016年 真赤激!(まっかげき)
カープ伝統の激しい練習に耐え、チーム一丸となり、赤く熱い気持ちで相手チームにぶつかっていく。大人しくまとまるのではなく、情熱あふれるプレーを心掛け、応援してくれるファンに「刺激的な野球」を届けていくという決意を込め、「真赤」(まっか)と「過激」(かげき)を組み合わたキャッチフレーズです。

2017年 カ舞吼!−Kabuku−(かぶく)
カ舞吼(かぶく)とは、「カープ」らしく「舞」い、「吼」えながら戦っていくという意味だそうです。歌舞伎の「傾く」(かぶく)という言葉を元にしたスローガンで、他チームの目を気にすることなくカープ道を突き進み、新シーズンも「カープらしく」熱く戦い、ファンを熱く魅了するプレーを約束するとのこと。

2018年 ℃℃℃(ドドドォー!!!)
チームに引き継がれる「努力」「泥臭さ」。シーズンを駆け抜ける「怒涛」の勢い。ひとり一人に必要な「度胸」。ファン・地域との一体感を表す「同心」「同郷」。来年も実現してみせる「胴上げ」。これらの言葉が有する「ど」を、「熱さ(温度)」と「カープらしさ(C)」を感じる「℃」で表現されているそうです。「℃」を3回続けることで、「チームに勢い」をもたらすと共に「リーグ三連覇へ駆け抜ける」決意も込めたキャッチフレーズとのこと

個人的には「闘志なき者は去れ」や「赤道直火」、「常勝魂」が好きですね。
キャッチフレーズも発表されたし、本当に開幕が待ち遠しいです!

シェアする

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事
スポンサーリンク