お好み焼体験スタジオ「OKOSTA(オコスタ)」が広島駅「ekie」に登場!現在は予約受付中

シェアする

日本を訪れる外国人観光客数は急激に増加しており、広島県でも国内外からの観光客が年々増加。そうした方々へ広島・日本の文化を知って頂くために、オタフクソースは10月4日(木)、広島駅のekie(エキエ)にお好み焼体験スタジオ「OKOSTA(オコスタ)」を出店するそうです。
店舗外観は、「お好み焼を調理できる」ことが一目でわかるよう、写真だけでなく、英語と日本語で表記するとのこと。

お好み焼の丸をモチーフとした解放感のあるエントランスになっており、商品販売コーナーや試食ができるソースBARも用意されます。

そして肝心の体験スタジオは、本格的な鉄板を4台設置し、1つの鉄板を10名で囲めるようになっています。実演講師の手元が見えるモニター付きで、一度に最大40名で広島お好み焼の調理体験を行うことが出来、さらに出来立てのお好み焼をその場でヘラを使用して食べられるそうです。

家族や修学旅行生はもちろん、海外の方にも体験しやすいように、豚肉を使用しないムスリムフレンドリー、肉・魚成分を使用しないベジタリアンの方向けメニューなど、多様なニーズに応えるメニューも用意されているとか。
すべてのコースにオリジナルエプロンと紙帽子が付くので手ぶらでOK。またお好み焼は、生地、魚粉、キャベツ、天かす、青ねぎ、もやし、豚肉、麺、卵などの材料を混ぜずに重ねて焼くため「重ね焼き」とも呼ばれますが、お好み焼店のような大きな鉄板とヘラを使用して、その調理を体験出来ます。さらに、その場でヘラを使っての試食、鉄板磨きなどまで体験出来るとか(メニューや時間によって変更有)。下記はお好み焼の重ね方一例。

 

所要時間は食べる時間も含め60~120分。お好み焼体験では、お好みのトッピングを楽しむことが出来ます。たとえばお好み焼の人気トッピング「イカ天」がふんだんに入った「イカ天トッピング」(1,500円)や、シャキシャキ野菜の風味がたまらない「広島産野菜トッピング」(1,500円)、

 

お好み焼の上にチーズをかけて、バーナーでトロトロに炙った「トマトとチーズのお好み焼」(1,500円)、豚肉を使用せず、イカ・エビを使用した「ムスリムフレンドリーお好み焼」(2,000円)など。

 

なお「お好み焼体験・カキ鉄板焼・デザート・ワンドリンク」がセットになった「広島名物体験セット」(3,000円)ではオリジナルホットプレート用ヘラがプレゼントされるそうです。また「お好み焼体験・カキ鉄板焼・デザート・ワンドリンク」がセットになった「HIROSHIMA OKONOMIYAKI deliciousセット」(4,000円)ではオリジナル侍バンダナとオタフク腰前掛けがプレゼント。

 

オタフクソースでは、お好み焼の歴史・文化、栄養などの情報発信施設として、2008年には広島市西区に「Wood Egg お好み焼館」を開館していますが、今回の「OKOSTA」は、そのような「お好み焼を通じた記憶に残る広島の体験」を広島を訪れるより多くの方に提案したいと考え、アクセスの良い広島駅構内に出店するそうです。現在はWebと電話にて予約受付中。詳細は公式サイトで。
家庭ではなかなか本格的なお好み焼きを作るのは難しく、広島の人でも作った事がないという人は多いのでは。アクセスしやすい場所ですし、この機会にお好み焼き作りを体験してみてはいかがでしょうか。

OKOSTA(オコスタ)
広島県広島市南区松原町1-2 ekie DINING TERRACE
https://www.otafuku.co.jp/laboratory/event/okosta.html
GoogleマップWeb Googleマップ YahooCAR

広島駅ekie 2Fにおみやげとバルのゾーンが本日9/6(木)OPEN!カープショップも新しく
本日9月6日(木)、広島駅の新幹線改札口前、ekie 2Fに新しく「おみやげとバルのゾーン」がOPENしました。 中四国最大...

シェアする

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事
スポンサーリンク