実物大の恐竜模型が見られる「ダイナソーパーク」が明日4/28(金)「みろくの里」にOPEN!

シェアする

福山にある親子三世代で楽しめる遊園地「みろくの里」で、明日4月28日(金)から園内の天然林を活かした本格的恐竜体感ゾーン「ダイナソーパーク」の営業が開始します。実物大の動く恐竜を20体規模で展示するのは、中国・四国地方初だとか。

「ダイナソーパーク」はティラノサウルスやトリケラトプスなどの恐竜20体を、天然林の中をウォークスルーで体験する冒険型アトラクション。高低差のある地形を活かした全長約350メートルのコースには、実物大の恐竜が待ちかまえ、当時の世界観をそのまま体験できるそうです。

登場する恐竜の一覧など詳細は、みろくの里の専用ページで。
子供は間違いなく大喜びですね!

料金は500円(3歳から有料、フリーパスは1回入場可能)。この他にも、オリジナル恐竜グッズを取り扱う、恐竜の卵をモチーフとした巨大卵型建造物「D-Store」(ディーストア)や、本物の化石の発掘体験ができる「ダイナソーフォッシル」(利用料金500円/回)も同時オープンとのこと。

みろくの里は遊園地だけではなく、レトロな街並みを再現した「いつか来た道」や癒しの温泉「昭和の湯」などもあり大人も楽しめます。また近い内に行ってみようと思います!

みろくの里
住所:広島県福山市藤江町638-1
http://www.miroku-hoshizora.jp/
GoogleマップWeb Googleマップ YahooCAR

シェアする

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事
スポンサーリンク