Windows8.1でWindows Updateが進まない場合の対処法

シェアする

メールでお問い合わせを頂いていたのですが、出かけていて検証が遅くなってしまいました。Windows8.1でWindows Updateの検索が終了しないとのこと。

Windows Updateが終わらないのは、もうWindowsの問題となっていますよね。特にWindows Vistaは問題が深刻で、毎月特定のプログラムを入れないと、Updateの検索にとんでもなく時間がかかります。

Windows Vistaで「更新プログラムを確認しています」のまま進まない時の対処法
Windows Vistaで、Windows Updateを実行しようとしたところ、更新プログラム確認に時間がかかるようになりました。 W...

Windows7は、更新プログラムの提供方法がロールアップモデルに変更され、最新のWindows Updateクライアントを入れておけば、今のところは毎月のアップデートもスムーズに進んでいるようですが。

Windows7を出来るだけ短時間で最新の状態にアップデート!更新が進まない時にも有効
Windows7を最新の状態にアップデートしようとしても、結構時間がかかりますよね。特にサービスパックも適用されていない、無印の状態からだと...
スポンサーリンク

最新のWindows Updateクライアントにする

Windows8.1ですが、こちらもロールアップモデルに変更されており最新のWindows Updateクライアントが含まれる「KB3172614」を入れておけばスムーズに進むと思います。

Windows 8.1 用更新プログラム (KB3172614)
http://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB3172614

もし、これでも上手くいかない場合は、「KB3214628」をダウンロードしてインストールしてみると解決するかも。実際にWindows8.1にした直後で試してみたところ、普通に検索すると数時間かかっても見つかりませんでしたが、KB3214628のみインストールして検索すると数分で検索が終わりました。

Windows 8.1 用 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (KB3214628)
http://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB3214628

ちなみに、Windows8からWindows8.1にする方法は下記を参考にしてみて下さい。

Windows8からWindows8.1へすぐにアップデートする方法
Windows8のパソコンを使っている知人から、「リカバリーをするたびにWindows8.1にするためのWindows Updateが大変、...

また更新プログラムの手動インストール時に「更新を検索しています」で時間がかかる場合は、パソコンを再起動し、起動直後に実行するとすぐにインストール出来ると思います。

リカバリー直後、普通にWindows Updateを実行して更新が出来ないのは大きな問題ですよね。何とか根本的な解決をして欲しいものです。

シェアする

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事
スポンサーリンク