軽量で多数の動画形式に対応した動画プレーヤー「Potplayer」

Windows10だと標準でDVD再生用のコーデックが付属していないなど、何か別の再生ソフトが必要になります。Blu-rayビデオを再生するなら以前紹介した「Leawo Blu-ray Player」がいいと思いますが、Blu-rayを使わないのであれば、おすすめしたいのが「Potplayer」。 軽快に動作して多数の動画形式にも対応し、タッチ操作にも対応している万能プレーヤーです!

ブルーレイビデオを再生できるフリーソフト
Windows10になって、DVDビデオ再生ソフトが標準で用意されなくなりました。ただ、DVDビデオ再生ソフトの場合はフリーソフトが沢山ある...

スポンサーリンク

「Potplayer」をインストールする

まずはホームページからPotplayerをダウンロードします。32ビット版と64ビット版が用意されています。試した限りではWindows10でも動作は問題ないようです。

potplayer-01

インストーラも日本語化されているので、特に迷う点は無いと思います。

potplayer-02

ライセンス確認後、コンポーネントの選択になりますが、標準のままでOKでしょう。

potplayer-03

インストール先を選択したら、インストールが始まります。完了後に、この画面が表示されます。「つい以下コーデックをインストール」にチェックが入っていると、この後コーデックのインストールが始まります。対応形式が増えるので追加しておきましょう。

potplayer-04

コーデックの追加画面。ライセンスを確認後、コンポーネントの選択になります。コーデックだけでいいでしょう。この後、インストール先を指定すれば、インストールされます。

potplayer-05

インストール完了後の起動画面。メニューや設定画面も日本語化されているので分かりやすいです。

potplayer-06

タッチ操作にも対応しており、スワイプ操作などに機能を割り当てられます。

potplayer-07

スポンサーリンク

シェアする

フォローする