WordPressのリビジョンを定期的に自動削除する

WordPressでは、記事を更新したり下書きを保存すると、変更前の状態を保存し、いつでも以前の状態へ復元できる「リビジョン」と呼ばれる機能が備わっています。

20160311-revision-01

記事作成中や編集中には大変便利な機能ですが、どんどん溜まっていくとデータベースを圧迫し、全体の動作が遅くなってしまいます。記事を公開してしばらく経てば、以前の状態へ戻すというケースは少ないでしょうから、ブログの速度低下を抑えるためにも、これを定期的に削除してくれるプラグインを導入してみます。

スポンサーリンク

「WP-Optimize」プラグインの導入

これは「WP-Optimize」というプラグインが便利です。「プラグイン」-「新規追加」で、「WP-Optimize」と検索し、見つかったら「今すぐインストール」をクリックします。

20160311-revision-02

インストールが完了したらプラグインを有効化します。

20160311-revision-03

データベースの最適化

左下のメニューに「WP-Optimize」という項目が追加されるので、これを押します。現在の不要なデータを削除するには、この画面で行います。削除したい項目を確認し、問題がなければ「PROCESS」ボタンを押します。通常は標準の設定のまままで構わないでしょう。なお、削除によってどれだけデータベースが軽くなるのかは、右下に表示されています。

20160311-revision-04

上部に処理内容が表示されれば、最適化が完了です。

20160311-revision-05

最適化の処理をスケジュールし自動で実行させる

上部の「SETTINGS」を押すと、最適化処理のスケジュール設定が行えます。左上にある「Keep last~」にチェックを入れれば、指定した期間を過ぎたデータのみ削除されるようになります(標準では2週間分のデータを保持)。設定を変更したら、左下の「SAVE SETTINGS」を押して確定します。次に、右側の「Enable scheduled~」のチェックを入れれば、定期的に最適化されるようになります(標準では1週間ごと)。こちらも最後に右下の「SAVE AUTO CLEAN-UP SETTINGS」を押して確定します。これで設定は完了です。

20160311-revision-06

スポンサーリンク

シェアする

フォローする